歯型を取らない新時代へ。口腔内スキャナー(IOS)とは?

こんにちは。文京区関口にある江戸川橋菊地歯科医院です。
今回は、口腔内スキャナー(IOS)について説明します。

口腔内スキャナー(IOS)とは?

口腔内スキャナー(以下IOS)とは、Intraoral Scannerの略で、歯科で使用される小型カメラを用いて患者さんの歯型を取る最新機器のことです。
通常、歯科医院で型取りを行う際、ピンク色をした粘土のような材料をお口の中に入れて、数分間かけて固まるのを待ち、取り外すというのが一般的な型取りの方法でした。しかし、IOSを使用することで、より短時間で、より不快感がなく、正確な型取りができるようになりました。

型取りの不快感が大幅に軽減

IOSのメリットとして、当院で患者さんに使用している中で最も喜ばれることは、型を取っている間の患者さんが感じる不快感の軽減です。

実際に当院に来院された患者さんで、今まで型取りをされると嘔吐反射が起こり、型取りがどうしても苦手でできないという患者さんが、この機器を使用することで簡単に歯型を取ることができました。歯科医院で歯型を取る際、冷たい粘土のようなもの(アルジネート印象材)をお口の中に入れて型を取られたという経験は多くの方にあるのではないでしょうか。型取りを行っている最中は息苦しく、唾液がのどに溜まるため、不快な思いをすることがあります。また、口の中に大きな型が入ることで、嘔吐反射が起こり気分が悪くなるということもあるようです。IOSはお口を開いた状態で小型のカメラを使用して目標となる歯を3次元的にスキャンすることで、患者さんの負担が少なく、非常に短時間で歯型を取ることが可能になりました。

3D画像で患者さんへの説明が分かりやすくなる

IOSで患者さんの歯型を取ると、それがリアルタイムで3D画像に置き換わります。
口頭でお口の中の状態を説明されるよりも、実際に3D画像をご覧頂くことで視覚的な理解が得られるため、ご自身のお口の中の状態がより把握しやすくなります。また、万が一型取りがうまくいかなかった場合でも、すぐに画像上でエラーを確認することができるため再び来院し、もう一度型取りをさせてもらうことが少なくなりました。

マウスピース矯正にもIOSを使うことができる

IOSは主に、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)、インプラントなどの型取りをする際に使用されています。当院ではその他に、透明なマウスピースを使用した矯正治療を行う際にも、IOSを使用しています。

「治療前の歯並びが治療後どのように変化するのか」これまで患者さんに説明する際には歯型を取り、石膏模型を作って予測される治療後の歯並びを説明していました。しかし、IOSで歯型を取り、3D画像を作ることで歯並びがどのように動いて変化していくのか、アニメーションを使用してシュミレーションを行うことができるようになりました。これによって、患者さんの理解が深まり矯正治療を検討してもらう機会が増えてきました。

まとめ

歯科業界でのデジタル化はこのところ大きく進歩しています。当院では、最新の機器をいち早く導入し、患者さんにより良く、より快適な診療ができるよう努めて参ります。

江戸川橋 歯医者 歯周病とは 江戸川橋菊地歯科医院

次の記事

歯周病とはNew!!